▲トップへ

☆成城ねっとTV・お天気 くもり☁

【動画制作】ご相談 080-1721-5482

成城ねっとTV ≫ 真空注型に強い荒川技研(樹脂・プラスチック試作)

真空注型に強い、荒川技研

栃木のプラスチック試作メーカー 荒川技研(株)



■真空注型

シリコンゴムを金型の代わりに使うというのが、真空注型です。荒川技研は、真空注型の高い技術を持っています。

真空注型とは、シリコンゴムを金型の代わりに用い、真空の中に樹脂を流し込み、複製品を製作する技術です。

マスターモデルの製作技術が高いため、複製品の精度は、金型に匹敵するほど高いレベルです。

また、金型に比べ、短納期で「型」が製作できます。

この真空注型は、射出成形が可能な部品であれば、ほとんどの場合で複製が可能です。さらに、金属部品等をインサート注型することも可能です。

荒川技研は、精緻な試作品の製作に強く、新鋭機器と熟練の技で、試作品を制作しています。

■切削加工にも強み

プラスチック試作品を制作するときに、切削加工が行われます。これは、工具を用いて素材を希望の形状に削り取る加工技術です。

複雑な形状でも、十分な強度が得られるように、一つの素材から試作品を削り出します。

このため、ファンのような形状で、一部分に力が加わるような試作品の場合でも、十分強度があり、性能の検証を行うことが出来ます。

こうした技術力は、2016年5月に、東京・日本橋で開かれた、日経グループ主催『付加価値ある意匠デザインを実現するものづくり技術』展の専用ブースで、紹介されました。

荒川技研は、とくに、精緻な樹脂切削に強く、自動車や家電といった分野で、様々なプラスチック試作品を制作しています。


【荒川昇士社長ご挨拶】

当社は1995年に3D-CAD-CAMを導入し、これまで数多くの製品を加工してきました。

その経験と最新設備を駆使することにより、切削加工の高度化、高品質、短納期を計り新世代の製品開発に貢献できますよう努力しています。

今後とも皆様宜しくご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2015年4月より、さらに品質管理の内容を充実及びスピードアップすべく、新たに測定器を2機種を導入しました。

今後もより一層、お客様のご要望にお応えできるよう励んで参ります。

【会社情報】
荒川技研 株式会社
http://www.a-giken.co.jp/
プラスチック試作・樹脂切削
〒328-0123 栃木県栃木市川原田町1261番地3
電話 0282-24-5822

【動画制作】
日本Web動画マーケティング
http://www.movie-marketing.jp/
電話 080-1721-5482

   東京/成城ニュース
  お電話080-1721-5482

モバイルサイト(QRコード) ※非表示にしています。

成城ねっとTVモバイルサイトQRコード

成城ねっとTVモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • ロボドリル
  • 飲食店画像